スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い文学 「人間失格」

1話「鎌倉心中」
2話「お化け」
3話「世間」
4話「新世界」

ゆっくり見始めた結果が…(ry
長かった…一挙放送は大変だ

あらすじ、感想↓
(1)恥の多い生涯を送って来ました――。

大庭葉蔵は裕福な生まれだった。彼は、人間の生活に検討がつかない、そういう種の男だった。
貧しい人間からカンパを搾取するための、真似事の左翼運動に参加し、その日を暮らす……。昭和四年、夏。
いつものように芝居をし、金をせしめる葉蔵。だが突如反社会的な運動を検挙すべく現れた、特高の小菅に追われ、
逃亡するはめになる。逃げ込んだ先は、恒子という女のいるカフェだった。
匿われる葉蔵。一度はごまかせたものの、すぐに気づかれ、恒子に庇われ再び出奔する。道中、彼は思い出す。
作り笑顔をする自分を。妖しげに嗤う女中たちを。恒子のところに戻り、ふたりはその夜、枕をともにする。
情事の後、あなたは純粋だ、と微笑む彼女に、葉蔵は殺意を覚える。
そして、過去父を怒らせたことを反芻し、生きていることの恥ずかしさに想いを馳せた。
葉蔵と恒子。ふたりはどちらともなく呟く。「一緒に死んでくれないか」。


(2)意識を失った葉蔵は、茫洋とした感覚の中、自分の過去を想い出す。おどけてみせることで、わずかに人間につながる事ができた自分。その中でひとり、彼が道化であることを見破った男、竹一のこと――。葉蔵を「お化け」だと言う竹一。その通りだと得心し、あの頃の葉蔵は哄笑した。気がつくと、葉蔵はベッドの上に寝かされていた。恒子が死んだと聞かされ、呆とする葉蔵。親にも見捨てられ、監視付きの部屋に通されることとなる。そこで彼は「お化け」の幻を見た。またも、あの頃を思い出す葉蔵。竹一が「お化けの絵」として紹介したゴッホの自画像を見て、葉蔵は自分もお化けの絵を描こうとした。その絵は……そう、自分自身でもあった。お化けは人間の世界に生きてはいられないのか。自問し、その足は一度は縁を切ったはずの堀木の元に向かっていた。堀木に軽蔑の眼を向けられ、居た堪れなくなる葉蔵。そして、それを見ていた一人の女――。

(3)そこでの生活は、人間らしいもののように思えた……。志津子とその娘の茂子。葉蔵はふたりと同居していた。そんな中でも、父の「金を稼げない奴は、人間として失格」という言葉が、彼を苦しめる。そこで志津子は、葉蔵の描いた漫画を売り込みに行く。結果は頗る好評。現れた「お化け」にも耳を貸さず、穏やかな日々に、葉蔵は心持ちを豊かにする。そこに引っかかりを与えたのは、堀木の「世間」という言葉だった。漫画の持ち込み先の編集長も「世間」を口にし、鎌倉心中の件に触れてくる。葉蔵は「世間が自分をお化けにしたがっている」と酒を呷った。さらに、茂子に殺人の噂を聞かれ「本当のお父ちゃんが欲しい」という、無邪気で残酷な言葉に蒼褪める。「世間」という何かから逃げ出す葉蔵。「生まれてきて すみません」。独り言ち、雪景色の中、力なく横たわる。その時、白銀世界に、鮮やかな朱が引かれた。紅い傘を差し彼を覗き込むのは、女神か、悪魔か。

(4)時が過ぎた。今、葉蔵は美子と居を構えている。彼は初めて自分以外のために生きようと思った。漫画を描くという道化を演じ、世間に受け入れられる――。そういう人生を選んだ。そこに久し振りに訪れる堀木。葉蔵は、美子のおかげで、「世間」に打ち克つことができるようになったと屈託なく話す。だが、堀木は面伏せるばかりで、少し様子がおかしい。堀木は葉蔵の父の訃報を伝えに来ていたのだ。それを聞き、狂ったように大笑する葉蔵。美子を求める彼を、だが見えざる手が引き離そうとする……。さらに堀木の言葉に目を見張る葉蔵。堀木は軍隊に行くという。全て失った葉蔵は、自分が人として何かが欠けている――すなわち「人間失格」であることに至る。ついに薬品を飲み、自殺を図った、そんな彼を人は言う。「私たちの知っている葉ちゃんは、とても素直で、よく気がきいて、あれでお酒さえ飲まなければ、いいえ、飲んでも、……神様みたいないい子でした」。


で、結局死んだのか?
原作とうの昔に読んだはずだけど、記憶が無いや

救いのない、どろっとした後味の悪いものが心に残ってますが
"人間失格"だし、そういうものか

些細な事がきっかけで人間はよくも悪くもダメになる
繊細な生き物ですね

誰もが持ってる"自分"が自分でない感覚が病的になればこんなふうになるんかな
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

カナエ(kne)

Author:カナエ(kne)
現実逃避中!○年目!

ガンダム001期好きです

+++++++++++++++++++
*女性向けネタ・ネタバレ・声優ネタが含まれることがありますので苦手な方は全力でお逃げください!(苦情は受け付けない)一応反転してます
+++++++++++++++++++

関西圏にて視聴
(原作未読ばかり)
*鋼の錬金術師FA
*デュラララ!!
*おおきく振りかぶって
*WORKING!*さらい屋五葉
*荒川アンダーザブリッジ
*裏切りは僕の名前を知っている
*薄桜鬼

気分屋なので、途中で感想が途切れることがあります
書いてないのもあります

好きなもの
○漫画家:緑川ゆき、にざかな、あべ美幸、喜多尚江
○アニメ:ガンダム00(1期)、DTB、初期ジブリ系
○声優:神谷浩史、堀内賢雄、三木眞一郎
○音楽:菅野よう子、澤野弘之、川井憲次

++++++++++++++++++++++++
基本ロム専…中身がオッサン、超がつくチキン
足跡(稀にコメ・拍手)など残っていたら生暖かくみてやってください


詳しくはカテゴリの「はじめに」をご覧下さい

*TB、コメント等ご自由にどうぞ(内容にそぐわないものはご遠慮ください)拍手などお気軽に…
*御意見、誤字脱字、間違い等ございましたら、下のメルフォからおねがいします

【ちなみに月までの距離は約38万km】

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

劇場版に期待!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。